きさいちCC・松コース(2)

2008/1/15 更新 


松 4番ホール
Par5
(HDCP5)
blue:546y(522y)
white:512y(489y)
red:488y(464y)

 セカンド地点から左ドッグレッグのパー5。打ち下ろしが気持ちの良い、雄大なホールである。

(黄色実線はレギュラー(白)ティから250ヤード)

ティーショット

 フェアウェイは広いが風の影響を受けやすく、飛ばし屋ほど左の丘(A)や右の林(D)へOBしやすい。ドックレッグ(B)まではティインググラウンドの位置にもよるが、220ヤードから260ヤード必要。

 スライサーはB狙い、飛ばし屋はAからBの間で最短距離。逆に飛距離に自信のない人はC狙いで。CとDの間には2つバンカーが並んでいて、200〜230ヤードでジャストイン。

セカンド

 Aグリーンの場合は手前の深いバンカーが効いているので、無理せずBグリーン手前狙いで。左へ行きすぎると岡越えになり、3打目に無用なプレッシャーがかかる。

 Bグリーンの場合、ドライバーが会心だと2オンも可能だが、フェアウェイは微妙につま先下がりで右はOBがせり出しているし、グリーンも砲台なので力みは禁物。

 1打目がフェアウェイ左へ飛んだりドッグレッグを越えなければ、岡をショートカットするショットになる。この時も右へ突き抜けやすいので要注意。

サードショット

 両グリーンとも砲台で、距離感が難しい。特にAグリーンの手前には大きくて深いバンカーが待ち受けているし、見た目よりグリーン奥にあるので思い切って突っ込む気持ちで。グリーン奥はセーフ。

グリーン

 Aグリーンはとにかく大きい。真ん中が馬の背で、左右に強く傾斜している。従って馬の背を超えるロングパットを寄せるのは至難の業。

 パッティングに自信のない人は無理に乗せず手前からアプローチで寄せていった方が無難かも。

 Bグリーンは対照的に小さいが、こちらも勾配がきつく侮れない。手前から攻めるのがベター。


松 5番ホール
Par4
(HDCP6)
blue:393y(361y)
white:360y(331y)
red:346y(314y)

 ほぼフラットでグリーンまで見渡せるパー4。AグリーンかBグリーンかで難易度が大きく変わる。

(黄色実線はレギュラー(白)ティから230ヤード)

ティーショット

 両グリーンの間に見える木狙い。左は斜面になっていて引っかけてもラフまで戻ってくることが多いが、右は200ヤードあたりから林がせり出し、転がり方によってはOB杭を越える。スライサーは左バンカー狙いがベター。

セカンド

 Aグリーンは見た目より打ち上げが強く、使用クラブは最低1番手は上げる必要がある。奥は広いが、そこからの寄せは難しい。手前から攻める時は、グリーン右のバンカーに入る事が多いので注意。

 Bグリーンだとフラットだし残り距離も短い。女性でも2オン可能。奥はセーフなので突っ込める。

 両グリーンともショートしやすいので、気持ち突っ込み気味に。


グリーン

 A・Bグリーンとも素直でそれほど難しくない。Aグリーンは横に広く、奥から手前に結構落ちる。

 Bグリーンは逆に縦長で、向かって右側にマウンドがある以外は強い傾斜はない。


松 6番ホール
Par3
(HDCP9)
blue:150y(116y)
white:134y(102y)
red:119y(91y)
 きさいちで最も短いパー3。HDCP9。

ティーショット

 Aグリーンは奥と左が鬼門。特に左はグリーンを外せばOBと考えても過言ではない。グリーンも左へ速いので、余裕のあるクラブ選択でグリーン右狙いを。

 Bグリーンは2004年に改修され、大きな2段グリーンになった。奥の段は奥行きが狭いので、奥にピンが切られている時は無理せずに。

グリーン

 Aグリーンはそれほどクセはないが、木々の谷間にあるため芝の生育度合いが他のグリーンと違い、やや重い(ような気がする)。

 Bグリーンは奥から手前への傾斜に加え、右から左への傾斜がラインを複雑にしている。

松コース1-3番へ  松コース7-9番へ