日記318
(2020年12月)

去年までの日記

今年の日記

1月
  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月




2020/12/1 (1608321hit)  コンパクトなトップ


 毎年書いてるけど、もう12月である。時間は実は光と同じぐらいの速さで進んでるんじゃないだろうか。でないとこの速さは説明できない。つい先日年賀状をアップしたはずなのに。


 さて、そんな中、週1回の練習へ。この日はインドアではなく、近所のドライビングレンジへ。奮発して150球。今日のメニューは以下の通り

・50yを40球。50yでもしっかり体重移動して打つといい感じ。

・50度のウェッジで100y付近のグリーンを狙う。10球。6割ぐらいしか乗らない。ヘタか!(ヘタです)

・8アイアンでステップ打ち25球。しっかり掌屈したらしっかり捕まる。いい感じ。

・4アイアン、ティアップして5球。高い球、低い球、右へ曲がる球、左へ曲がる球と多彩なショット。ただ残念なのはそういうのを狙って打ってるわけではないということだけど。

・苦手なユーティリティを20球。まっすぐ打とうとするとミスが出る。スライスを打とう、(トラブルショットを想定して)フックを打とうと考えると芯に当たる。不思議だ。

・ドライバー30球。最初はハーフショットから、だんだんスイングを大きくしていく。ここで分かったことは、バックスイングの大きさで飛距離が決まるわけではないという真理だ。つまり、

間違った大きなトップより、正しいコンパクトなトップのほうが曲がらず遠くへ飛ぶ。ついつい飛ばしたい欲からバックスイングを大きくしがちだけど、飛ばそうと思って大きくするとスイングプレーンからクラブが外れたり左手首を背屈してしまったりしてミスが出る。

・4W5球。ドライバーより気持ちよく打てる。

・2Wを5球。短く持つといい感じ。でもそうすると4Wと飛距離の差が出ない。球筋は違うけどね。

・最後の10球はウェッジのロブショットで終了。いやロブショットなんていらんやん、いい格好をしたくて練習してるの?と言われそうだがそうではない。

 HDCP2のK見師匠が、「ロブショットはきちんとしたスイングが出来てないと打てないショットです」と言っていたことがあるので、あえて(たまに、球数が多いときに)練習してるんだよね。で、この日は5割ぐらい成功。失敗はダフリ。スイングが緩んだり手打ちになるとダメで、

打ち急がず、体の回転を意識したスイングをするとうまく打てるっぽい。


 まあ、練習でできてもコースで出来なきゃダメなんだけどね。



次の日記へ