日記41

2003年6月1日〜15日

  2003/6/1(30861hit) おかしなおかしな4人組(3)


 さて、ラウンドした後なのに成績の発表を全然しないわけだが、それはただ単に気が乗らなくてしたくないからであるという事は皆さんも薄々気付いているだろうなあと思う今日この頃ではあるものの、いつまでも発表しないわけにもいかないと判っているからこそこうして言い訳を書いたりしているわけである。しかしいつまでも発表しないと次のラウンドの木曜日が来てしまうし他の話題も書けないし困ったなあと思いつつこんな読みにくい文章を書いているとしまいに1日のヒット数が3とか1とかつまり自分しか見ていない自分の自分による自分のためのページになりそうだしそれはちょっと悲しいと思うのでもうこういう文章はやめていいですか?って聞いてどうする?

 そうなのである。「おかしなおかしな4人組」という話なのに、昨日はAさんのことしか出てこなかったので今日はBさんとCさんの事を書かなければいけない。といってもAさんほどのインパクトはなく実はまだAさんのエピソードで面白いものもあるのだがそれを書き続けるとこの日記が「Aさんの日々」になってしまうので自粛していいですか?って聞いても仕方ないじゃんってばさ。

 ああ、またAさんの事を書いているこれはいけないよしBさん(HDCP15)の事を書こう。スポーツマンタイプでショットはHDCP10クラスである。しかし練習が好きではないらしく、アプローチはHDCP40クラスである。それでもバーディーをふたつもゲットされたのはすごいのである。しかし一昨日も書いたが無類のおしゃべりでしかもオヤジギャグを連発し苦笑いと愛想笑いを強要される方だったのでちょっと困ったのである。またこのBさんがAさんを事あるごとにおだて、褒めたたえるのでますますAさんは嬉しそうに教えてくれたりするのであった。

 いかんまたAさんの話に戻っている。Cさん(推定HDCP30)の話を書こう。70歳とは思えないパワフルなスウィングでびっくりさせて下さったCさんだが、やはり2回に1回はとんでもないミスショットを打たれたりする。しかも我々3人と比べるとやはり飛距離が短いのでセカンド地点で最初にカートから降りてボールに向かうわけだがその時にクラブを1本しか持っていかれない。そう、セルフプレーに慣れておられないようなのだ。

 その習性はグリーンの近くへ行っても変わらず、アプローチしてバンカーに入れて初めてSWをカートに取りに入ったり、バンカーショットを打ってボールがグリーンに乗ったらそこから再びカートにパターを取りに入ったりされるのである。えーかげん学習せえよ爺さんとちらっと思わなかったといえば嘘になるがそれでもパターを毎回私かAさんが持っていってあげたりしたのである。しかもミスショットの後にAさんがCさんに教えたりするのでまたもや進行が遅れたりするのであった。

 というわけで、4人目のhiroさんは3人の毒気にすっかり当てられ、ちょっとイライラしたりしたものの最後にはこれも人生だと開き直り何とかラウンドを終えたのであった。明日はその結果をやっと報告しますがもうどうでもいいですか?ってこの「質問止め」も実は盗作なんですごめんなさい。

本日の体重・・・64.8kg(オヤツさえ食わなきゃ痩せるんだ)

  2003/6/2(30978hit) 結構トホホっているのでダメだ

5/29・きさいちCC・竹梅(Bグリーン)・
hole 1 2 3 4 5 6 7 8 9 in 1 2 3 4 5 6 7 8 9 out total
par 4 3 4 5 4 3 4 5 4 36 4 4 3 4 4 4 3 4 5 35 71
score 7 4 6 6 6 6 5 5 4 49 5 5 3 6 5 4 4 4 7 43 92
+3 +3
putt 4 2 3 2 2 2 1 2 2 20 2 3 2 2 2 2 3 1 3 20 40

項目 今回 推移 今年平均
アベレージスコア
Scoring average
7ボギー
4ダボ
2トリ
92
(+21)
92.7
平均パット数
Putting average
2.222
(40)
2.021
(36.38)
バーディー奪取率(%)
Birdie average
0
(0/18)
1.9
(0.33/18)
パーセーブ率(%)
Par saving average
27.8
(5/18)
27.0
ボギーセーブ率(%)
Bogey savin average
66.7 69.1
パーオン率(%)
Green in regulation Pct.
33.3 23.0
ボギーオン率(%)
Green in my regulation Pct.
77.8 74.1
フェアウェイキープ率(%)
Driving Accuracy Pct.
71.4
(10/14)
70.1
ドライバー平均飛距離(yard)
Driving Distance
177.9 199.7
アプローチリカバリー率(%)
Scrambling
16.7
(1/6)
25.4
ファインショット率・ドライバー(%)
Driver-shot achievement Pct.
65.4 70.1
ファインショット率・フェアウェイウッド(%)
FW.-shot achievement Pct.
50.0 61.0
ファインショット率・アイアン(%)
Iron-shot achievement Pct.
64.7 55.5
ファインショット率・アプローチ(%)
Approach-shot achievement Pct.
68.8 62.6


 さて、やっと先週のラウンドの結果を公開するわけだが。あんなに調子が良かったパットが先週より11ストロークも多いというのはダメだ。いきなり出だしで4パットはすごくダメだ。この日は短いパットがことごとく入らなかったからダメだ。2mが入ったのはたった1回だけだしもっとダメだ。ラウンド前にはせめて5分でもいいから練習グリーンでボールを打たないと極めてダメだ。

 ドライバーもチョロを3回もしている(竹1番、5番、7番)し、フェアウェイウッドでもチョロが2回(5回中)あったのは充分ダメだ。アイアンはまだマシだったけどそれでもとんでもないチョロが2回あったしこっそりダメだ。上級者と回るといつも余計な力が入って普段どおりに打てないような気がする、というのは言い訳だからしっかりダメだ。でも今回のようにいきなり「インパクトが緩んでる」なんて言われたら、どうしてもそれを意識してしまうし意識しなければ相手に悪いかなと思ったりしてしまうのでダメだ。

 チョロした瞬間は、ホントに心の底から悲しくなるものだが、しかし悪態をついたりクラブを叩きつけたり言い訳をしたりするとダメだから我慢して淡々とプレーするわけだが、それでも2回連続でチョロをしたりすると私も切れそうになるというか悲しすぎて泣きそうになるわけだが、泣いたらダメだし我慢するのでごるふは心の健康に悪いからダメだ。

 でも、来週はもっと明るくプレーしたいなと思ったりしている私なのであった。そう、ダメだばっかり言っていたらすごくダメだ。


本日のベストショット なし  どんなにスコアカードを睨んでもベストと呼べるようなショットが無いのでダメだ。
本日のワーストショット ドライバーの
チョロx3
 いつまで経ってもドライバーのチョロとおさらばできないのは悲しくてダメだ。
本日のトホホホール
(真骨頂)
竹1番
(パー4)
 スタートホールで4パットしたらその日のパットのフィーリングに疑問がでてきてダメだ。
竹6番
(パー3)
 ティーショットは引っ掛けて予備グリーンへ。ドロップしたらボールが浮いたのでバンカー越えのロブショットを打ったらバンカーに入ったのでダメだ。バンカーからも脱出に2打費やしたのでダメだ。結局トリプルボギーになったのですごくダメだ。

本日の体重・・・65.1kg(また猟師料理を食いにいったのだ)

  2003/6/3(31110hit) コンピュータとわたくし(1)


 最近買い物ばっかりしている。最も大きな物ではコンピュータ。久しぶりの買い替えである。

 仕事で使うようになり、NECの9821Cs2S3を初めて買ったのが約10年前。CPU(*1)は486SX-33MHzで、今のハイエンド機(3GB)の約100分の1。メモリ(*2)も標準5.6MBに3万円ぐらい払って8MB分造設し、HDD(*3)も400MBぐらいだったか。今時の搭載メモリより少なかったのだ。それでも、当時で50万円近くしたと思う。その当時の大学初任給が180円、そば一杯が20銭だったから家一件分より高かった(*4)わけだ。

 それこそ寝食を忘れていじり倒し、フリーセル(*5)を3時間やったりマインスイーパー(*6)を朝の4時までやったりして第一回目の離婚の危機を迎えた私は馬鹿であろう。しかし悪名高きWindows3.1(*7)は1日に9回はフリーズし、私の心を折れたグラファイトシャフトのようにささくれさせてくれたものである。

 3年ほど使い、1日36回フリーズするようになり、わたくしの心のささくれが限界に達しようとする頃、巷ではちょうどWindows95(*8)が発売され、買い替えを決意。17インチのCRT(*9)に釣られて三菱のApricotMS-540を購入したのが確か97年秋だったか。約30万円。3年で価格が3/5になった事になる。このあたりから、コンピュータを使う事が手段ではなく目的になってくるのであった。そう、コンピュータオタク(しかも中途半端な)への第一歩を歩みだしたのである。(続く)

 *1 CPU・・・コンピュータの脳味噌に当たる部分。
 *2 メモリ・・・作業机に当たる部分。大きければ大きいほどたくさんの仕事が可能。
 *3 HDD・・・書庫にあたる部分。大きければ大きいほど多くの事を覚えていられる。
 *4 家一件分より・・・もちろん、大嘘である。これでは明治時代である。
 *5 フリーセル・・・Windowsに付属のカードゲーム。これほど不毛なゲームは無い。
 *6 マインスイーパー・・・Windowsに付属の地雷除去ゲーム。これほど不毛なゲームは無い。
 *7 Windows3.1・・・基本ソフトに良く似たゲーム。これほどお馬鹿なゲームは無い。
 *8 Windows95・・・Windows3.1に良く似た基本ソフト。これほどお馬鹿な基本ソフトは無い。
 *9 CRT・・・テレビに良く似た箱。

本日の体重・・・64.6kg(ちょっと戻ってきた)

  2003/6/4(31238hit) コンピュータとわたくし(2)


 気がつけばごるふ日記なのにわけの解らないコンピュータの事とか書いている私であるし、しかも新しく買ったとか書いてるのに自分のコンピュータ遍歴などだらだらと書いてどうする!JAROに言っちゃうぞ!と自分で突っ込んでいる私であり、さらにその話が1日で終わらず続き物になるなんて、自分でもこりゃ失敗だなと思っている私である。

 しかも「限りなくミスショットの確率が低いアプローチの方法」を大発見したにも関わらずコンピュータの話の途中だからそれを書けない!アメリカ人だったら「がっでむ!」と言うところである。ベルギー人だったら「ゴダイヴァ!」と言うかどうかは微妙だ。でも、スイス人だったら「よ〜ろれいひ〜」と言うかもしれない。いや、絶対に言う!言うと思う方に18円賭ける!いや、思い切って36円賭ける!

 さて、中途半端なオタクと化した私は、デスクトップでは飽き足らずノートパソコンのMebius(*1)を買ったりノートパソコンのMobio(*2)を買ったり息子にMacを買ったり(*3)実家にMacを買ったり(*4)しながら着々とそのトホホ的オタク度を侵攻させつつあり第二次の離婚を危機を迎えたりしたわけだが、世間ではWindows98が発売され、オタクの末席を汚す私としては居ても立ってもいられなくなったわけだ(*5)。

 すると99年に何故かApricotが使用不能!メーデー!メーデー!SOS!緊急離脱!みたいな感じで買い替えを余儀なくされたので、現在使用中のGatewayGP7-500という当時では最先端の最高潮の最大限の最長不倒のコンピュータを手に入れたのであった。最先端の最高潮の最大限の最長不倒のコンピュータだから27万円ぐらいだったと思うが良く覚えていない。当時は1000ドルパソコン(*5)が普及しだした頃だったと思うが、しかしそんなオモチャみたいなパソコンはオタクの俺には勿体ないぜ!いや違う、買いかぶりだぜ!いやもっと違う!良い言葉が思いつかない!それぐらいすごい俺はだから最先端の最高潮の最大限の最長不倒の最高のコンピュータにしたんだ!少々高くても俺様が使いやすいからいいんだ!

 こうして第三期離婚危機時代を迎えた私はGatewayとの蜜月時代を過ごしたていると、何とGatewayが日本から撤退!(*7)こら、アメリカ人!ちょっとあっさりしすぎてるぞ!ちょっとは日本の「わび」とか「さび」とか「残心」とか「未練」とか「さしみ」とか「てんぷら」とかを勉強しろ!と文句を行っても仕方ないので製造会社がなくなったままさびしい気持ちで使い続けたが、寂しさに耐えかねて(*8)この度コンピュータを買ったのであった。今度は日本製だ!エプソンダイレクトのPro2500だ!

 というか、実は注文しただけでまだ届いてません。(*9)

 *1 Mebius・・・液晶画面が奇麗な事で定評のあるシャープのパソコン。まだ現役である。
 *2 Mobio・・・NECが東芝のLibrettoを真似て作ったパームトップパソコン。小さいだけのトホホ機。
 *3 息子にMac・・・知育ゲームをさせたが彼は3ヶ月で飽きた。トホホ。
 *4 実家にMac・・・母親は怖がって触らず、父親は付属の将棋しかしなかった。トホホ。
 *5 Windows98が発売・・・こうして考えてみれば俺ってビルゲイツの策略に完敗、みたいな。
 *6 1000ドルパソコン・・・文字通り10万円前後で買えるコンピュータに似た箱、みたいな。
 *7 Gatewayが日本から撤退・・・嘘のようだが本当である。
 *8 寂しさに絶えかねて・・・嘘である。本当はWindowsXPが出たからである。またビルゲイツの勝ち。
 *9 届いてません・・・こんな落ちで、読者の皆さまには申し訳ない気持ちでいっぱいです、みたいな。

本日の体重・・・64.2kg(チョコレートは美味しい)

  2003/6/6(31463hit) コンピュータとわたくし(3)


 昨夜届いたのである。私のカッコイイ、新しいコンピュータ。で、昨日は午前2時までセッティングしていて、今日もずっと仕事の合間をぬっていじりまくっているのだ。

 今までどんな事をしたかと言うと、マニュアルや説明書類を1つのクリアファイルに収納したりパーテーションを切って再インストールしたりofficeXPを入れたりデスクトップをカスタマイズしたりLANを組みなおしたりデータを移動させたりモニタ切替器を継いで2台のコンピュータを同時に立ち上げたりメールソフトを入れたりMSIMEの辞書を移したりマイドキュメントをEドライブに移動させたりともう普通に使えるようになるまで8時間ぐらいかかったのだ。まだ膨大な数のアプリケーション類はインストールできていないのだ。従って、この日記自体は古いほうのコンピュータで書いているのだ。

 昨日のラウンドの事も書かなきゃいけないんだけど、そういう訳で忙しいので明日にしよう。

本日の体重・・・64.3kg(ピザ+チョコレートは最悪)

  2003/6/7(31626hit) 瀬田GCの罠と言えよう

6/5・瀬田GC・西コース(ベント)・
hole 1 2 3 4 5 6 7 8 9 out 10 11 12 13 14 15 16 17 18 in total
par 5 3 4 5 4 4 3 4 4 36 5 4 3 4 5 4 3 4 4 36 72
score 6 4 8 6 5 6 5 4 4 48 6 6 3 6 5 5 4 6 6 47 95
+4
topics     *1       *2           *3          
putt 2 3 2 2 3 2 3 2 1 20 2 2 2 2 1 3 2 3 2 19 39
*1・・・ティーショットを左へロストボール

*2・・・ワンオンチャレンジ、2度目の挑戦をするもまたもや撃沈

*3・・・バンカー越えのロブショットを大失敗して撃沈

項目 今回 推移 今年平均
アベレージスコア
Scoring average
7ボギー
5ダボ
1SARS
95
(+23)
92.8
平均パット数
Putting average
2.167
(39)
2.028
(36.50)
バーディー奪取率(%)
Birdie average
0
(0/18)
1.77
(0.32/18)
パーセーブ率(%)
Par saving average
22.2
(4/18)
26.8
ボギーセーブ率(%)
Bogey savin average
61.1 68.7
パーオン率(%)
Green in regulation Pct.
27.8 23.2
ボギーオン率(%)
Green in my regulation Pct.
72.2 74.0
フェアウェイキープ率(%)
Driving Accuracy Pct.
42.9
(6/14)
68.8
ドライバー平均飛距離(yard)
Driving Distance
192.1 199.4
アプローチリカバリー率(%)
Scrambling
20.0
(2/8)
25.1
ファインショット率・ドライバー(%)
Driver-shot achievement Pct.
53.8 69.4
ファインショット率・フェアウェイウッド(%)
FW.-shot achievement Pct.
75.0 61.2
ファインショット率・アイアン(%)
Iron-shot achievement Pct.
57.5 55.6
ファインショット率・アプローチ(%)
Approach-shot achievement Pct.
77.8 63.4


 ライバルN君との直接対決。今年はN君もギアを変え、練習にも行き、気合が入っているようだ。迎え撃つ私も気合を入れて臨んだのだが、見事に空回りしたと言えよう。

 ドライバーを除き、ショットはまあまあだったもののまたしてもパットで撃沈。アプローチで2〜3mに付けたホールが何度もあったのに、入ったのは2回。先週に引き続き、全くパットせんと言えよう。

 ちなみに、3年前に2回、今年2回瀬田GCへ行っているが、パット数は順に35,40,34,39である。確かにグリーンは速いしアンジュレーションもきさいちより難しいが、特別悪い数字ばかりでもない。私の調子が悪いと言えよう。というか、私が下手だと言えよう。

 ところが、N君も前半でパーを3つ取り44だったが、終盤に大叩きしたホールがあり、上がってみればまたしても同点。まったくライバルであると言えよう。彼は実力では十分80台前半を出せるのだが、ブランクと練習不足で不本意な成績になっているようだと言えよう。私はブランクも練習不足も無いのに、彼と同じスコアというのはトホホと言えよう。

 と言うわけで、コースの罠にすっかりはまってしまったと言えよう。帰りのロッカーで、「せめて80台で競い合いたいよなあ」と話し合って帰路についたのであったと言えよう。「もっと頑張れ!俺!」と言えよう。


本日のベストショット  今回もベストと呼べるようなショットはありませんでした。トホホ。
本日のワーストショット 13番
(パー4)
 1打目、2打目ともイマイチで、バンカー越えのすぐ先のピンを狙う30ヤードのアプローチが残る。球を高く上げようと思ったらだるま落としで10ヤードしか飛ばず。トホホ。
本日のトホホホール
(真骨頂)
11番
(パー4)
 1打目は右へ大きくふけ、ラフの木の手前、強いつま先上がりで止まる。そこから打った4アイアンのハーフショットが自分で言うのもナニだが完璧なリカバリーショット。でもそれがディボット痕に入り、乗せられず。さらに寄らず入らず。トホホ。

本日の体重・・・64.9kg(チャーハン大盛)

  2003/6/8(31690hit) 瀬田での出来事


 あるホールで、○がグリーン横の深いバンカーへ入れた。背丈以上の壁に向かって打つような難易度の高いバンカーショットである。アドレスを見ると、ボールを右足の前へ置いているし、フェースも開いていない。この打ち方では100億回打っても出ないだろう。

 黙って見守ってやれば良かったのだが、つい親切心で「もうちょっとボールを左に置いたら?」と言ってしまった。

 すると○は、ゆっくり顔を上げ、鬼のような形相で睨みながら、地獄の底から聞こえてくるようなドスの聞いた声で

 「シ〜〜〜!!!!ちょっと黙っといてくれる?」

 と言った。私は、例え夫○間であろうとも教え魔になってはいけないと再認識した。

 それにしても、そんなに怒らんでも・・・(;_;)

本日の体重・・・64.8kg(ブリの照り焼き)

  2003/6/9(31763hit) 散々な日々


 今日、うちで2番目に年寄りの犬(セーラ・ミニチュアダックスのメス・12歳)が死んでしまった。何てこった!

 5日前から、1回の店舗部分の天井から水漏れして、3箇所ぐらいから水滴が落ちてくる。何てこった!設備屋さんに見てもらったら、2階の食器洗い乾燥機のジョイントから水漏れしていた。何てこった!しかも、それを取り付けたのは○だった。何てこった!

 コンピュータの設定に忙しく、昨日は午前3時まであーだこーだといじっていて眠い。おまけに今日もバックアップソフトの設定に2時間ぐらい取られた。何てこった!

 役所へ行く用事を忘れていて、呼び出された日にも行くのを忘れていた。何てこった!

 掲示板に書いたruikoさんへの返事を、書き込み直前に操作ミスで一瞬にして消してしまった。何てこった!

 あるボランティア団体の中で、義理と人情に挟まれて身動きできなくなってしまった。何てこった!

 そんな日々が続き、練習に全然いけない。何てこった・・・・

本日の体重・・・64.0kg(SUSHIはHEALTHY)

  2003/6/10(31983hit) 怒りの日々


 セーラは今日荼毘にふしてきた(ruikoさん、お悔やみの言葉ありがとうございました)。実はうちではミニチュアダックスばかりたくさん飼っているのだが、一頭でもいなくなるとやはり辛いものがある。セーラの姉妹だったブルマ(命名は私ではない。念のため)という子も、3年前に死んでしまった。美人姉妹がいなくなり、本当に悲しい事である。

 ところが、今日は、その悲しさを打ち消すような怒りの日であった。

 怒りその1。新しく買ったコンピュータだが、CD-R/DVD-ROMドライブ絡みのトラブルが絶えない。使い慣れていないという事もあるのだろうが、1個のファイルがエキスプローラー上で2個あるように見えたり、勝手にフリーズして再起動を余儀なくされたりするのだ。WindowsXPが悪いのかドライブが悪いのかドライバが悪いのか○が悪いのか良くわからないが、こんな事に貴重な時間を取られるとつい暴れたくなってくる。

 怒りその2。今使っている、4年前に買ったプリンタ(PM-780C)のドライバがXPに対応していない。従って、新しいコンピュータで使えない。LAN上で印刷しようにも、ドライバが対応していないとお手上げである。こらー!○プソン!OSが変わるたびにプリンタ買い替えさせる気か!!しかも、買い置きしてあるこのプリンタ用のインクも使える機種がほとんど無い。陰謀である。何で十分使えるプリンタがあるのに買い直さなきゃならんのだ。(2003/6/11削除:編者注を参照)

 編者注:ドライバは、Windows2000用で対応できました。教えていただいただるまさんにお礼すると共に、EPSONに対してはしっかり調べもせず誤った情報でひどい事を書いてしまい、心よりお詫び申し上げます。EPSON偉い!最高!みんなEPSONのプリンタを買おう!ついでにコンピュータも買おう!うちにはエプソン(ダイレクト)のコンピュータが2台あるんだヨ!2台とももちろん最高だヨ!

 怒りその3。もともとバグだらけで極めて使い勝手の悪いMSIMEが2002になってさらに使いにくくなっている。変換候補の学習が全然効かない、IEに切り替えると自動的にIMEがoffになるなどの致命的なバグさえも直っていない。マイクロソフトは日本のことなど真面目に考えていないに違いない。というか、おまけの無料のソフトだからいい加減な開発者しかついていないに違いない。日本語ユーザーを馬鹿にするにも程があるのちゃうけ、ビルゲ○イツのおっさんよ!ATOKに買い換えてやる。

 怒りその4。息子が自分のメガネを壊してしまった。何故壊れたか聞いてみると、「曲げて遊んでた」だと。メガネで遊ぶな!

 怒りその5。日記の更新がこんな遅くになってしまった。楽しみに何度も覗いて下さった方もいるだろうに、自分に対して腹が立つ。

 怒りその6。暇つぶしで買った古いゲームソフト(プレステ用)がメモリを14ブロックも使うのでセーブできない。そんなソフト作るな!

 怒りその7。どうやってオチを付ければ良いか思い浮かばない。従って、終われない。

 怒りその8。○の機嫌が悪い。

 怒りその9。怒りその7は昔使ったパターンだった。俺の馬鹿!

 怒りその10。こんなに頑張って書いたのに、全然面白くない。しかも、このパターンも昔使ったような気がする。でももういいや。

本日の体重・・・63.7kg(ついに63kg台突入!)

  2003/6/11(32142hit) 嬉しい日々


 散々な(悲しい)日、怒りの日と来れば今日はネタ的には楽しい日か嬉しい日だろうと思っていたら、本当に嬉しい日になったという事自体が嬉しいと言う風に書けるのが嬉しいと書けるのが嬉しいと書けるのが嬉しい、以下無限に続く、みたいな。

 まず、夜中の12時過ぎ。掲示板をチェックすると、なんとだるまさんがPM-780CのXP用のプリンタドライバのありかを教えてくださった。だるまさん、ありがとうございます!早速インストールしました、ってそれにしてもチェックしたつもりなのどうして見落としてたんだろうって良く考えれば製品資料のページにドライバの対応OSでXPが載って無いんだもーん。だから誤解しても仕方ないし、だからEPSONにはその不親切さと文句を言った事とを引き分けにしてもらおう、みたいな。でも一応昨日の日記は注釈を付けておこう、みたいな。

 話は唐突に飛ぶが、息子が今日から修学旅行である。やっとお昼に練習に行ける。最近ずっとごるふの話題がなかったもんなあ。

 それに、何となく○の機嫌が良い。しかも今日は水曜日。1週間で(木曜日を除き)一番嬉しい日だ。私の1週間を嬉しさというか生きがいというか活力というか気合というか、とにかく入れ込み度でグラフにしてみると、以下のようになる。

 このグラフから、如何にごるふ以外に心血を注いでいないかという事が読み取れる、ってそんな事読み取ってどうする>俺。

本日の体重・・・64.3kg(ぬか喜びだった)

  2003/6/13(32363hit) 力を抜く事と緩む事、或いは思い切って振り切る事とリキむ事

6/12・きさいちCC・竹梅(Aグリーン)・曇時々晴
hole 1 2 3 4 5 6 7 8 9 in 1 2 3 4 5 6 7 8 9 out total
par 4 4 3 4 4 4 3 4 5 35 4 3 4 5 4 3 4 5 4 36 71
score 4 4 3 6 5 5 4 6 5 42 5 4 5 6 4 6 4 7 6 47 89
+3
topics       *1       *2             *3 *4 *5 *6      
putt 2 2 1 2 2 3 2 2 2 18 2 2 2 2 1 2 0 3 1 15 33
*1・・・アイアンを2連続チョロ。涙ちょちょ切れる。

*2・・・アイアンを再びチョロ。寄せもうまく打ったつもりが、わずかにオーバーしてグリーン奥へ転がり落ちる。グリーンセンターで止める、「寄せない勇気」が必要。

*3・・・2打目、7アイアンの140ヤード、ディボットからうまく打ち込み、ピン奥のエッジまで。今日イチのショット。

*4・・・ティーショット(8アイアン)を左へ引っ掛け、OB。トホホ

*5・・・10mほどのアプローチが偶然チップイン。バーディではないのがちょっとトホホ。

*6・・・3打目でピンまで40ヤードの位置に運んでおいて、そこから2段グリーンの上に付けてしまい、3パット。ここも「寄せよう」というスケベ心がダボを招いたといえよう。


項目 今回 推移 今年平均
アベレージスコア
Scoring average
7ボギー
4ダボ
1トリ
89
(+18)
92.7
平均パット数
Putting average
1.833
(33)
2.019
(36.35)
バーディー奪取率(%)
Birdie average
0
(0/18)
1.7
(0.31/18)
パーセーブ率(%)
Par saving average
33.3
(6/18)
27.0
ボギーセーブ率(%)
Bogey savin average
72.2 68.8
パーオン率(%)
Green in regulation Pct.
22.2 23.2
ボギーオン率(%)
Green in my regulation Pct.
72.2 73.9
フェアウェイキープ率(%)
Driving Accuracy Pct.
50.0
(7/14)
68.0
ドライバー平均飛距離(yard)
Driving Distance
211.4 199.9
アプローチリカバリー率(%)
Scrambling
33.3
(3/9)
25.5
ファインショット率・ドライバー(%)
Driver-shot achievement Pct.
69.2 69.4
ファインショット率・フェアウェイウッド(%)
FW.-shot achievement Pct.
50.0 60.9
ファインショット率・アイアン(%)
Iron-shot achievement Pct.
52.5 55.5
ファインショット率・アプローチ(%)
Approach-shot achievement Pct.
69.4 63.7


 ちょっとレイアウトを変えてみました。本日のトホホショット等を止めて、スコアカードに注釈として書くようにする事にした。別にだからどうって事は無いのだが。

 さて、今回のラウンドは得るべき事が多かったぜ。

 最近、ドライバーの調子が今ひとつである。そうなると、根性無しの私は悪い結果を恐れるあまり、どんどん思い切りがなくなっていく。そして小手先で打つというかインパクトが緩むというか合わせにいってしまい、さらにうまく当たらない、という悪循環に陥る事になる。

 昨日の前半がまさにそうであった。合わせにいって、当たっても超高弾道のへっぽこスライス、当たらなければ地を這うような引っ掛けスライス。これでは10年前に逆戻り。腰を切るんじゃなかったのか?>俺。

 猛反省した私は、午後からの9ホールは思い切って振りに行く事に決めた。すると、まずまずの飛距離が出るしむしろそちらの方が曲がらない。右へすっぽ抜けたり、左へチーピンがでる事もあるがそれでも合わせにいくよりははるかにマシといえよう。

 ちなみに、ドライバーのファインショット率は前半が○3、△2、×1で66.7%、後半が○4、△2、×1で71.4%。平均飛距離も前半211.7ヤード、212.9ヤードとほとんど変わらない・・・ん?変わらない?おかしい。感触的には後半の方がすごく良かったのだ。ここのところは感触を信じよう。

 ただ、思い切るのとリキむのは似ているようだが違う。修行が足りない私は思い切って振るとどうしてもリキんでしまう。リキまず、いかに大きなスウィングを作るか。それが今後の課題であろう。 

 しかし今回のラウンド、実は前々回(5/29)と比べてトリプルボギーが1つ少ないだけなのだ(前回は7ボギー・4ダボ・2トリ)。それだけで天国と地獄(80台と90台)、良い気分とトホホな気分の違いが出てくる。如何に大叩きしない事が大事か、の証明であろう。

本日の体重・・・63.9kg(その調子で頑張れ)

  2003/6/14(32460hit) U.S.オープン


 メジャー大会のうち、毎年2番目に行われる(ってこういう前置きは知っている人にとっては鬱陶しいだけで何の益にもならないんだけどね)全米オープンが始まった。

 今年の開催コースはオリンピア・フィールズ。良く知らないが、距離よりも正確性を必要とされるコースらしい(知らないのなら無理して書かなければ良いのにね)。それでも500ヤード近いパー4もあり、グリーンも難しく、青木功プロによると優勝スコアは5アンダー前後、という事らしい(ニュースステーションで聞いたのだ)から、U.S.オープンらしいサディスティックなセッティングなのだろう。

 思い起こせば去年はN.Y.のベスページブラックコースで開催され、タイガーがその安定感を見せつけながら優勝したのであった(という解説もページかせぎの感がなきにしもあらず)。今年のタイガーは初日が無難にイーブンパースタート、2日目は4アンダーでトップと3打差の5位タイとタイガーらしいエンジンのかけ方である(ああ、没個性な言い回しだこと)

 相変わらずドライバーを曲げまくっているようだが、それでもじわじわと上位にくるというのが彼の総合力の高さと凄みなのであろう(なんていう説明ももはや言い尽くされて陳腐であるが)

 日本勢では、田中秀道が1オーバー27位と一人気を吐き、予選を突破した。残念ながらマルちゃんと谷口は予選落ち。しかし谷口は「2日目は意地でもアンダーパーで回りますよ」と言っていて、その通り2アンダーで回ってきた。さすがわ谷口!彼は他人のような気がしない私である(理由は言うまでもない)から、今後も出れるあいだはメジャーにトライして欲しい。
 
 って、今日は解説だけに終わっちゃったな。まあ、たまにはこんな日もあって良いであろう。

本日の体重・・・64.7kg(嘘だ)

  2003/6/15(32542hit) ダークサイド


 と言ってもスターウォーズの話ではない(関係はある)。

 友愛、仁、いつくしみ、慈悲、感動、共感、徳、愛など、人間のプラス面の感情は、(ごくわずかな天の邪鬼を除いて、だが)万人を良い気持ちにさせ、人生に希望を抱かせ、生きるパワーを与えてくれる素晴らしいものである。

 しかし、同時に妬み、嫌悪、差別、拒絶、無関心、不道徳、無神経、怒りというマイナスのパワーもその裏に存在している。それらは必要悪であり、適度なら人間誰しも持っている感情ではあるが、度を超えたとき、それらはプラスの感情をはるかに超越したパワーで人を奈落の底に叩き落してしまう。

 勘の良い読者なら、私が何を言いたいかおわかりだろう。勘の鈍い読者は、スターウォーズの話はいつ出てくるんだ!と思っているだろう。そして、勘のきつい読者には桶屋奇応丸(ひや・きおーがん)をお勧めする。そう、全米オープン3日目、タイガーのショットの時に吹かれた口笛(指笛?)の話である。

 偶然であると信じたいが、またもや彼の身の上に、しかもメジャーの舞台の、出だしの1番ホールで、ダウンスウィングという悪魔的なタイミングで起こったそれに、やはり「人為的な悪意」を感じざるをえない。そしてその為か、今日の彼は最後まで良いところ無く、ズルズルと後退してしまった。全てが口笛のせいではないにしても、精神的動揺や怒りが彼のいつものごるふをスポイルしたとは考えられると思う。

 肌の色、天賦の才能、地位。それらに対して必要以上の邪悪なパワーをぶつける輩は、当然ながら存在する。そして悲しい事に彼が努力をすればするほど、邪悪な人間どものダークサイドは成長してしまう。悲しい現実である。
 
 強くなればなるほど、上へ上がれば上がるほど、そういうダークサイドとの戦いは熾烈になって行くのだろう。そういう意味では、才能も体も境遇も平々凡々に生まれた自分の身の上に安心したりしてしまう、根性無しの私であった。

本日の体重・・・64.0kg(本当だ)



進む
次の日記へ